アールエム ワイヤレスCAN、インターフェースCAN、CAN ゲートウェイ、CAN ディスプレイ、CAN I/Oインターフェース、CAN レコーダー/CAN センサー

ワイヤレスCAN インターフェース

Realtime Client

リアルタイムで全世界の保有車両をモニター

すべてのデータをすぐに入手可能:保有車両全体のステータスにダッシュボードからアクセスできます。全世界の 業務全体を自社オフィスから容易に監視することができます。

ニーズに正確に対応した設定:当社のソリューションは設定の変更をせずにすぐに使用できます。また、ダッシュ ボードもお客様のニーズに応じて正確に設定することができます。プログラミングは必要ありません。

すばやいリモート診断:いずれかのマシンで診断上の問題があれば、瞬時に警告が表示されます。正確なエラー コードに基づいてすばやく診断を行えるため、早期の問題解決が可能です。


機能

CANデータのロギング
Proemionリアルタイムダッシュボードは、すべての診断セッションを自動的に記録し、診断結果をクラウドに保存し ます。エラー解析を任意の時点で実行することができます。
そのため、エンジニアは診断セッションやデータ解析を遡及的に実行することができます。
この方法は、インターネットを使用せずにオフラインで作業できるのが利点です。
メリット:CANデータの自動記録・柔軟なリモート評価オプション・都合の良い時に評価

セッションヒストリー
セッションヒストリーでは、タイムフレームや最近の接続量などに関するログを自動的に取得することができます。
すべてのCANメッセージの完全な接続ヒストリーにより、記録の一貫性と透過性が保証されます。
車両または機械への各アクセスでは、誰が(IP)、いつ(時間)、どこから(IP)、およびどの車両に(車両番号)接続したかが記録お よび評価されます。
メリット:24時間/365日の継続的な記録・誰が、いつ、どこで、何をしたかを検出可能・完全な透過性

CANプロトコルとの互換性
自動車メーカーや機械メーカーでは、さまざまなCANプロトコルが使用されています。
米国ではJ1939が広く使用されており、資材搬送分野ではCANOpenプロトコル、農業機械分野では主にISOバスが使用されています。
いずれのプロトコルもCANベースです。
当社では、リアルタイムダッシュボードを設計し、複数のソースからCANデータ表示できるようにしました。
そのため、RMtoolsを使用してすべてのCAN規格をさまざまなCANメッセージ用に個別に調整することができます。
さらに、ソフトウェアのレイアウトや表示もすばやく直感的に調整することができます。

開発者やサポート担当者は、グラフィックレイアウトを独自にカスタマイズし、必要に応じてそれぞれの車両データを表示することができます。
メリット:プロトコルの互換性の問題を考える必要がない・多くのメーカーの製品を1つのシステムに統合可能・全世界の保有車両を1つのシステムから管理可能

設定可能なソフトウェア
さまざまなビジュアル表示ツールを自動的または個別に組み合わせたりリンクしたりすることができます。
保有車両のセットアップがどれほど複雑であっても、ビジュアル表示ツールを使用して正確に表現することができます。
また、エラーを事前に検出し、メンテナンスの必要性を予測することもできます。
この「予測型サービス」により、予防的なメンテナンスが可能になります。

また、リアルタイムダッシュボードとProemionサーバの組み合わせにより、オフサイトでトラブルシューティングやエラー診断を行うことも可能になります。
メリット:柔軟なCANデータ表示・「予測型」の予防メンテナンス・ローカルおよびオンラインでのトラブルシューティング

ファームウェアアップロード
当社のソリューションでは、双方向通信が可能です。すべての車両または機械からCANメッセージを読み出すことが可能なだけでなく、それらにメッセージを返送することもできます。
この機能は、世界規模でファームウェアのアップロードを実行する場合に大きな利点となります。
CANネットワークに統合されたすべての車両やエンジンコンポーネントは、フラッシュプログラミングを行うことができます。

Proemion診断ソフトウェアは、新しいソフトウェアアップデートのパフォーマンスをモニタします。
エラーを検出することで、適切な調整を行ったり個々のコンポーネントを再フラッシュしたりすることもできます。
このため、世界中のどこからでも正確な診断とリモートフィックスを行うことが可能になります。
メリット:双方向通信・世界規模でのオンラインファームウェアアップロード(FOTA)・世界規模でのオンライン診断

データセキュリティ
Proemion機能は、当社独自のサーバソリューションです。顧客データは当社のワールドワイドなサーバファームに保存され、当社の社内データセンターによって監視および管理されます。このデータは、安全な二要素認証プロセスを通じてのみアクセス可能です。Webポータルへのアクセスでは、セキュリティの強化のため、ログイン時のパスワード保護を行います。
また、Proemionが割り当てと管理を行うハードウェアトークンを使用することで、さらなるセキュリティ強化も可能です。

また、当社の社内データベースの冗長構成により、保存されている顧客データや機械値のセキュリティは極めて高度に保たれています。
そのため、当社では、世界最高水準のデータセキュリティ水準を要求されるドイツの法規制を順守することもできます。
メリット:厳格な規格に基づくデータセキュリティの提供・二要素認証および識別・内部データベースの冗長構成