アールエム ワイヤレスCAN、インターフェースCAN、CAN ゲートウェイ、CAN ディスプレイ、CAN I/Oインターフェース、CAN レコーダー/CAN センサー

CAN レコーダー/CANセンサー

CANsense® ACC

・加速度と傾斜の測定
・万能小型筐体
・さまざまな改良型で利用可能

ACC CAN 16ビットプロセッサー フラッシュメモリ

信頼性の高い正確な測定

CANsense® ACCは、加速度と傾斜の値を安全かつ正確にロギングするための小型センサーモジュールです。このモジュールにはCANインターフェースが内蔵されているため、既存のCANネットワークに簡単に統合できます。CANsense® ACCは、改良型に応じて、最大3つの軸で+/–50gまでの加速度と、最大2つの軸で+/–90°までの傾斜を測定できます。すべてのセンサーモジュールを自由に組み合わせることができます。カスタマー固有の感度範囲のモジュールをご依頼に応じて提供できます。

画期的で堅牢なCANsense® ACCセンサーモジュールは、統合された温度測定機能と調整可能なしきい値監視を備えており、機械装置、システム、または車両における加速度や衝撃の値のロギングに主に使用されます。これらのログは、保証の検証や通常の制御に使用されます。

特殊なプラスティック筐体

CANsense® ACCモジュールの筐体は、特殊な高品質プラスティックで構成されており、カスタマーのニーズに適応させることができます。カプセル化は、保護等級IP 67および高い耐衝撃性に従っています。データ転送や電源供給を行う2つの統合CANコネクターにより、スペースを節約してコスト効率の高い方法でモジュールを使用できます。電源電圧の範囲がDC9~36Vと広いため、設置型およびモバイル型のさまざまな用途で配備できます。

カスタマー固有のプロトコルの実装

CANsense® ACCは、デフォルトではCANopen®プロトコルとともに配布されます。その他にJ1939、DeviceNet、カスタマー固有のプロトコルなどのCANプロトコルをご依頼に応じて実装できます。ソフトウェアの更新と構成タスクは、CANバス上で行われま す。RM CAN Device Monitorソフトウェアでは、CANメッセージの表示と送信、およびCANopen®機能の実行が可能です(「ソフトウェア」を参照)。

仕様
Views
Mechanical Data
1301
1302
3501
2203
Dimensions width/heigth/depth[mm]
59/75/33
Degree of protection
IP 65
Temperature range
-20℃... +85℃ / -4°F... +149°F
Weight
200 g
Electrical Data  
DC power supply
9 V - 36 V
Power input @ 24 V
<100 mA
Program flash memory
64kB
EEPROM memory
512 Byte
SRAM memory
128 kB
Interfaces/ Protocols  
CAN
1, ISO 11898
galv. isolated
Layer 2, CANopen®
Layer 2, J1939, CAN Kingdom, DeviceNet, customized
on request
Acceleration
+ / -50 g
(x, y, z)
+ / -10 g
(x, y, z)
+ / -50 g
(x, y, z)
Tilt/Inclination

+ / -30°(x, y)

+ / -30°(x, y)
Accessories/Product number
CANsense® ACC
251009001
251009006
251009002
251009005
CAN cable M12 4-pin 901°/ open
136000022
CAN cable M12 4-pin / D-Sub
136000030
CAN cable M12 4-pin / D-Sub + power
136000029
Protection cap for connector M12
140400003
Certifications
CANsense® ACC
CE