ホーム > 取り扱いメーカー > Proemion > CANsense® I/O TC
アールエム ワイヤレスCAN、インターフェースCAN、CAN ゲートウェイ、CAN ディスプレイ、CAN I/Oインターフェース、CAN レコーダー/CAN センサー

CAN I/O インターフェース

CANsense® I/O TC

・8 個の熱電対の測定値をCAN メッセージに変換
・温度補正を内蔵
・各種CAN プロトコルと熱電対の構成が可能

I/O CAN 8ビットプロセッサー フラッシュメモリ

強力なモジュール式設計

CANsense® I/O TCにより、CANsense® I/Oファミリーの範囲が広がります。単独の各種熱電対を最大8個まで接続できるため、温度測定値を含むCANメッセージは1 つ以上になります。強力な16ビットマイクロコントローラーを使用する場合、CANsense® I/O TCは、生の測定値を、各種熱電対用に内蔵された参照表の目盛り付きの正確な値に変換します。表をカスタマイズすることも可能です。精度を上げるために、一般的な熱電対コネクターはすべて、コネクターブロックを測定する追加のPT100温度センサースロットを備えるデバイスの片側にあります。これらの頑丈な低コストデバイスの筐体はモジュール式のため、複数のデバイスをボルトで固定し、ほぼどの場所にも(車両など)取り付けることができ、CANバスで展開して接続することができます。

RM のソフトウェアツールを使用した簡単な構成

CAN通信速度、SAE J1939などの29ビットプロトコル、CANopen®などの11ビットプロトコルのサポートは、RM CANsense® I/O TCConfiguratorソフトウェアツールで構成できます。熱電対の入力ごとに、ユーザーはCAN IDとCANメッセージのペイロード構造、および温度値の配置を構成することができます。メッセージごとの送信速度の周期性も構成できます。CANlogger®(SDカード)やCANlink® GSM 製品と組み合わせると、熱電対温度と試験のデータロギングを長期またはほぼリアルタイムでコストを抑えて実行できます。

仕様
Views
Mechanical Data  
Dimensions width/heigth/depth[mm]
176/161/64
Degree of protection
IP 30
Temperature range
-40℃... +85℃ / -40°F... +185°F
Weight
ca. 975 g
Electrical Data  
DC power supply
9 V - 30 V
Power input @ 24 V
<100 mA
Program flash memory
128 kB
EEPROM memory
8 kB
SRAM memory
256 kB
LED indidators
2
Interfaces/ Protocols  
CAN
1, ISO 11898
CANopen®, Layer 2, J1939
CAN Kingdom, DeviceNet, customized
on request
Inputs
8 thermocouple inputs
Tempreature correctiomn
PT Resistor at junction
Themocouple types supported (DIN EN 60584)
J, K, T, E, N, S, R, B, custom
Sampling Rate per channel
2 Hz
Software
RM CANsense® I/O TC Configurator
157002051
Accessories/Product number
CANsense® I/O TC
251006014
CANsense® I/O TC Starter Kit
253000062
CAN cable M12 5-pin / open 2m
136000005
CAN cable M12 5-pin / D-Sub + power
136000028
PT100 male
136000087
Certifications
CANsense® I/O TC
CE