アールエム ワイヤレスCAN、インターフェースCAN、CAN ゲートウェイ、CAN ディスプレイ、CAN I/Oインターフェース、CAN レコーダー/CAN センサー

CAN ディスプレイ

RM Display 1001

・CAN 接続のモノクロLC ディスプレイ
・コンパクトな円形筐体
・OEM 改良型

CAN 8ビットプロッセサー フラッシュメモリ

小型で多用途

RM Display 1001は、CAN 接続を特徴とするモノクロの英数字LCディスプレイです。その筐体は小型で円形の標準型であり、さまざまな用途で柔軟に利用できます。たとえば、コックピットの既存の円形アナログディスプレイユニットをRM Display 1001に交換できます。暗闇でも簡単に使用できるようにLEDバックライトが装備されています。3つのプッシュボタンにより、データの入力や変更が容易です。また、3つのインジケーターランプは、ディスプレイに接続されているデバイスのステータスを示し、ブザーはアラートメッセージに利用できます。

限られたスペースに理想的

RM Display 1001の標準筐体の外径はわずか60mmであるため、限られたスペースへの配備に適しています。ディスプレイは内蔵改良型で、直径わずか53mmの穴にクランプやバネで取り付けることができます。入力電源範囲は9~60Vと広いため、動作電圧12V、24V、48Vの産業やモバイルの用途に対応します。動作温度範囲は–20~+70°Cであり、大きく多様化する環境への配備が可能です。円形の5ピンコネクターは、電源電圧やCANバスの接続に役立ちます。筐体にはカスタマイズされた正面のメンブレンをオプションで装備できます。

柔軟なファームウェア

RM Display 1001は、CANスレーブとして機能します。ファームウェアで周期的な非同期CANメッセージを生成しながら、同時にディスプレイでは受信したCANメッセージに応答します。柔軟性を強化するには、操作時にパラメータ設定を変更し、ディスプレイユニットを使用して他のCANノードをパラメータ化します。

試験済みのソフトウェア

RM Display 1001のディスプレイとキーの機能は、RM Display Configuratorソフトウェアツール(「ディスプレイソフトウェア」の項を参照)で簡単にプログラムできます。

仕様
Views
Mechanical Data  
Dimensions width/heigth/depth[mm]
φ 60/49
Degree of protection
Front : IP 65
Temperature range
-20℃... +70℃ / -4°F... +158°F
Weight
63 g
Mounting
Mounting hole φ 53 mm
Electrical Data  
DC power supply
9 V - 60 V
Power input @ 24 V
100 mA
Program flash memory
96 kB
EEPROM memory
64 kB + 1 kB
SRAM memory
3.3 kB
LEDs
3
Keys
3 (backlit)
Buzzer
1
Display Data  
Display type
2 × 8 chanacters LCD
Interfaces/ Protocols  
CAN
1 (ISO 11898, 2.0 B)
Layer 2, CANopen®, J1939  
Software
RM Display Configrator  
Accessories/Product number
RM Display 1001
251007020
RM Display 1001 Starter Kit
253000047
CANview® USB
253001014
CAN cable M12 5-pin / D-sub
1.3000009
CAN cable M12 5-pin / D-sub + power
136000028
CAN cable M12 5-pin D-sub / D-sub
157000033
Rounded sseal 1001
140700003
Certifications
RM Display 1001
CE, FCC, E1