アールエム ワイヤレスCAN、インターフェースCAN、CAN ゲートウェイ、CAN ディスプレイ、CAN I/Oインターフェース、CAN レコーダー/CAN センサー

CAN ゲートウェイ

CANview®

・CAN ネットワークへのRS-232 の接続
・高性能、多用途、低価格
・特殊なセンサーモードと統合A/D コンバーター

CAN RS-232 8ビットプロセッサー フラッシュメモリ

実績ある品質

デバイスをシリアルRS-232インターフェース経由でCANネットワークに接続する場合、業界では、長年に渡りCANview®が使用されてきました。CANとRS-232間の送信は双方向で行われます。特に、CANview®は、PCまたはPDAと、設置型やモバイル型のCANネットワークとの接続に役立ちます。CANview®は、PCと組み合わせることで、データロガーやCANモニターとしても機能し、制御機能を自発的に実行できます。センサーモードでデバイスを使用すると、センサーとCANネットワークをRS-232インターフェースで接続できます。電源電圧やCAN信号の静的測定に使用される統合A/Dコンバーターにより、監視や診断機能が強化されます。

カスタマー固有のハードウェア

CANview®は、厳しい環境での用途に対応するため堅牢なアルミニウム筐体を備えています。デバイスには、個別のアダプタまたはCANコネクターから直接電源が供給されます。CAN側とRS-232側は電気的に相互絶縁されています。CAN側には、120オームの内部切り替え可能なバス終端抵抗を接続できます。ハードウェア全体、特に正面のメンブレンやコネクターをカスタマイズできます。

個別の通信速度

付属の標準ファームウェアは、CAN通信速度を自動的に検出します。CAN ビットタイミングレジスターを直接構成すると、通信速度を個別に指定できます。ソフトウェアとファームウェアは、どちらもカスタマーのニーズに適応させることができます。CANview®デバイスの構成は、RM CAN Device Configuratorソフトウェアで行われます。RM CAN Device Monitorソフトウェアでは、CANメッセージの表示と送信、およびCANopen®機能の実行が可能です(「ソフトウェア」を参照)。新しいファームウェアをインストールするためのフラッシュツールが製品に付属しています。

仕様
Views
Mechanical Data  
Dimensions width/heigth/depth[mm]
102/60/35
Degree of protection
IP 40
Temperature range
0℃...+70℃ / -32°F...+158°F
Weight
150 g
Electrical Data  
DC power supply
9 V - 36 V
Power input @ 24 V
70 mA
Program flash memory
128 kB
EEPROM memory
512 Byte
SRAM memory
32 kB
LED indicators
4
Interfaces/ Protocols  
CAN
1, ISO 11898-2
RS-232
1, galvanically isolated
Layer 2
CANopen®, J1939, CAN kingdom, DeviceNet, customized
on request
Software  
RM CAN Device Monitor
RM CAN Device Monitor Pro CANopen®
optional (157002025)
RM CAN Device Configuator
Accessories/Product number  
CANview®
253001001
CAN cable D-Sub 9-pin female/female
257001000
Power supply EU 2
257002000
Power supply UK 2
257004001
Power supply USA 2
257004000
Mounting clamp 600/800 90°
142200052
Mounting clamp 600
142200053
Wall-mounting set
142200010
Certifications  
CANview®
CE, FCC, UL