クバサー 各種インターフェース、データロガー

USBタイプ

Kvaser PCIcanx

Kvaser PCIcanxシリーズは、 1チャンネル、2チャンネル、4チャンネルのCANをサポートするPCI/CANインターフェースボードです。

Kvaser PCIcanxは、PCI-X、PCIバスで使用することを可能にするPCI/CANインターフェースです。特長として、4チャンネルをサポートするカードでは、25ピンDSUBコネクタを、1、2チャンネルをサポートするカードでは、9ピンDSUBコネクタを採用しています。


ハードウェア

・PCI 2.3に準拠
・3.3V PCI-X、3.3Vおよび5V PCIバスに対応
・オンボード16ビットマイクロコントローラ
・寸法:140 x 100 mm
・プラグアンドプレイによる簡単インストール
・Philips SJA1000 CANコントローラ(64-byte receive FIFO)を採用
・CAN 2.0A、2.0B(アクティブ)をサポート
・ISO 11898準拠のハイスピードCAN
・CANオシレータ周波数: 16 MHz
・動作環境(温度):-40℃~+85℃
・Kvaser Linxをサポート

ソフトウェアと関連資料

PCIcanx 4xHS、PCIcanx HS/HS及びPCIcanx HSでは、以下のソフトウェアが利用可能です。

・Windows 7/Vista/ME/2000/XP/Server 2003、Linuxのドライバーをサポート
・CANKing:CanKingdom、DeviceNetをサポートする汎用のインタラクティブCANバスモニター
・Kvaser CANlib SDK:Kvaser CANボードのソフトウェア開発に必要なものすべてが含まれます。また、含まれるサンプルプログラ ムは、C、C++、Delphi、Visual BasicとC#で書かれています。全てのKvaser CANインターフェース・ボードは共通のAPIとなります。 つまり、ひとつのボード用に書かれたプログラムは、他のタイプのボードに変更なしで使用することができます。
・J2534 API
・RP1210A API
・インターフェースの資料、ソフトウェア、およびドライバーは無償でwww.kvaser.comよりダウンロードすることができます。
・ソフトウェアのアップデートは、ウェブサイトに定期的に掲示されます。
・Kvaser社の全てのCANインターフェースとカードは共通のAPIを有します。

製品リスト
00330-9
Kvaser PCIcanx 4xHS
4チャンネル、25ピンDSUBコネクタ、4 x SJA1000 CANコントローラ
00331-6
Kvaser PCIcanx HS/HS
2チャンネル、9ピンDSUBコネクタ、2 x SJA1000 CANコントローラ
00332-3
Kvaser PCIcanx HS
1チャンネル、9ピンDSUBコネクタ、1 x SJA1000 CANコントローラ
対応OS

Windows 8
Windows 7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Server 2003
Windows NT4
Linux