クバサー 各種インターフェース、データロガー

USBタイプ

Kvaser PCIcanx II

Kvaser PCIcanx IIシリーズは、 1チャンネル、または2チャンネルのハイパフォーマンスPCI/CANインターフェースボードです。

Kvaser PCIcanx II HS/HSは、2チャンネルのCANをサポートするPCI/CANインターフェースで、PCIcanx II HSは1チャンネルのCANをサポートするインターフェースです。パワフルなマイクロコントローラにより、正確なタイムスタンプと高いデータスループット提供します。Kvaser PCIcanx IIは、PCIおよびPCI-Xスロットで使用することが可能です。11ビット(CAN 2.0A)、29ビット(CAN 2.0B)CAN-IDをサポートし、リモートフレームの送受信が可能です。Kvaser CANlibソフトウェア開発キットにより、優れたソフトウェアのサポートを提供します。コードの編集、再コンパイルを行うことなく、ユーザは、Kvaser製品でCANlibを使用したアプリケーションを実行することが可能です。


ハードウェア

・PCI 2.3に準拠
・3.3V PCI-X、3.3Vおよび5V PCIバスに対応
・終息製品のPCIcan IIとの完全なソフトウェア互換性
・オンボード16ビットマイクロコントローラ
・寸法:120 x 95 mm
・Fast DPRAMを介したPCとの高速なコミュニケーション
・プラグアンドプレイによる簡単インストール
・Renesas M16C CANコントローラを採用
・CAN 2.0A、2.0B(アクティブ)をサポート
・最大1 Mbit/sに対応したハイスピードCAN(ISO11898準拠)
・CANインターフェース:9ピンDSUBコネクタ
・CANオシレータ周波数: 16 MHz

ソフトウェアと関連資料

・Windows 98/2000/XP/Server 2003/Vista/7、Windows NT4.0、Linuxのドライバーをサポート。
・汎用のインタラクティブCANバスモニターであるKvaser CANKingは、CanKingdomとDeviceNetをサポートします。
・Kvaser CANlib SDKは、Kvaser CANボードのソフトウェアを開発するために必要なものすべてを含んでいます。また、含まれるサンプルプログラムは、C、C++, Delphi, Visual BasicとC#で書かれています。全てのKvaser CANインターフェース・ボードは 共通のAPIとなります。つまり、ひとつのボード用に書かれたプログラムは、他のタイプのボードに変更なしで使用することができます。
・J2534 API
・RP1210A API
・インターフェースの資料、ソフトウェア、およびドライバーは無償でwww.kvaser.comよりダウンロードすることができます。
・ソフトウェアのアップデートはウェブサイトに定期的に掲示されます。
・Kvaser社の全てのCANインターフェースとカードは共通のAPIを有します。

製品リスト
00343-9
Kvaser PCIcanx II HS/HS
2チャンネル、9ピンDSUBコネクタ、CANコネクタ、PCI・PCIX/CANインターフェース
00344-6
Kvaser PCIcanx II HS
1チャンネル、9ピンDSUBコネクタ、PCI・PCIX/CANインターフェース
対応OS

Windows 8
Windows 7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Server 2003
Windows NT4
Linux