ホーム > 取り扱いメーカー > クバサー > Kvaser Memorator 2xHS v2
クバサー 各種インターフェース、データロガー

データロガータイプ

Kvaser Memorator 2xHS v2

Kvaser Memorator 2xHS v2は、2つの高速CANチャンネルから同時にデータを監視および収集できる小型のデュアル チャンネルCANバスインターフェースであり、スタンドアロンのデータロガーです。スタンドアロンモードではデータをSDカードに記録し、インターフェースモードではCANネットワークとPCの間をUSB経由でリアルタイムに接続します。
コンパクトな設計のMemoratorは、データロガーとして使用すれば完全なフライトレコーダーになります。使いやすい設定プログラムを使用してMemoratorにトリガやフィルタを設定することも可能であり、それらを標準的なSDカード(付属)に記録することもできます。Kvaser Memorator 2xHS v2は中級者レベルのデバイスです。事前の設定が不要な使い易いシングルチャンネルのデータロガーをご希望の場合は、Kvaser Memorator Light(00513-6)をご利用いただけます。
CAN FD向けに高度なトリガ/フィルタを設定したり、ユーザが開発したスクリプトを実行したりする場合やデバイス上でのバッファリングを行う場合は、Kvaser Memorator Pro 2xHS v2(00819-9)をご利用ください。


主な特徴

・1つのデバイスで2つのCANチャンネルを同時にモニタ
・すばやく簡単なプラグアンドプレイインストール
・11ビット(CAN 2.0A)と29ビット(CAN 2.0Bアクティブ)の両方の識別子をサポート
・100マイクロ秒単位でタイムスタンプを格納するCANメッセージ
・解析ツール向けのサイレントモードをサポートし、プロセスに干渉することなくバスを監視
・Kvaser CANlibを使用して他のKvaser CANハードウェア用に作成されたアプリケーションと100%の互換性を実現
・SDフラッシュディスクに対応したSDスロット x 1(現在は最大1GB)
・高速CAN接続(ISO 11898-2に準拠) x 2、最大1 Mbps
・標準的なUSB 2.0接続方式でPCと接続
・バッテリバックアップ付き内蔵リアルタイム(カレンダー)クロック
・ロガーステータスを外側から視認できる3個のLEDによって表示
・プラスチック製の筐体(55(幅) x 150(長さ) x 23(高さ) mm)
・J1939、CANopen、NMEA 2000®、およびDeviceNetとの互換性
・ガルバニック絶縁

技術仕様
ANビットレート
50 kbit/s~1 Mbit/s
温度範囲
-20° C~+70° C
電流消費
最大3W
高さ
23 mm
長さ
150 mm
55 mm
重量
155 g
1秒あたりの送信メッセージ
8000 mps(チャンネルごと)
1秒あたりの受信メッセージ
8000 mps(チャンネルごと)
チャンネル
2
認証
CE、RoHS
PCインターフェース
USB 2.0
OS
Linux、Win Vista、Win 10、Win 8、Win 7、Win XP
ガルバニック絶縁
あり
エラーフレーム生成
なし
エラーフレーム検出
あり
サイレントモード
あり
タイムスタンプ解像度
100 μs
MagiSync
なし
製品リスト
00821-2 Kvaser Memorator 2xHS v2
ハイスピードCAN(ISO 11898-2)用USB/CANインターフェース(2チャンネル、DSUBコネクタ)