ホーム > 取り扱いメーカー > クバサー > Kvaser Memorator Light
クバサー 各種インターフェース、データロガー

データロガータイプ

Kvaser Memorator Light

Kvaser Memorator Lightは、CANデータのロギングを容易に行うことを可能にするデータロガーです。CANバスの ビットレートを自動検出する機能を使用することにより、 煩わしい設定を意識することなくMemorator Lightを接続する ことが可能となります。デバイスは、循環バッファーに全てのCANバストラフィックをロギングし、バッファが一杯になった 場合、古いデータから上書きします。また、デバイスはエラーフレームの状況やその状況前後のメッセージトラフィックを 別の循環バッファーでトラックします。SDカードの取り外しや接続部の故障によるデータ損失を防ぐため、ビルドインメ モリを採用しています。ロギングしたデータはUSB2.0インターフェースを介して付属のソフトウェアより様々なフォーマッ トで出力することが可能です。


Kvaser Memorator Lightの主要機能

・1チャンネルハイスピードCAN (ISO11898-2)
・11ビット(CAN 2.0A)、29ビット(CAN 2.0Bアクティブ)IDをサポート
・対応ビットレート:10Kbit/sから1Mbit/s
・自動ビットレート検出機能
・CANバスに影響を与えないサイレントモードで動作
・メッセージストレージ用1GBビルドインメモリ
・受信CANメッセージは循環バッファーに保存。(古いデータから上書き)
・エラーフレーム発生前後の1000メッセージを保存する循環バッファー
・タイムスタンプ:2μsec
・CANコネクタ:DSUB9ピン
・4つのLEDを装備(Power、CAN、エラーフレーム、エラー)
・自動ボーレートの失敗、ストレージエラーのインジケーター
・重量:160g
・動作温度:-40℃から+85℃
・動作電圧範囲:6-40VDC
・ログデータの出力用ソフトウェア(Memorator Light Extractionソフトウェア)