ディージー

CAN I/Oシリーズ

DPA5

主な特徴

・ ハードウェアによるメッセージタイムスタンピング
・強固な金属製パッケージ
・一時的な電源遮断への対応
・DLMアナライザ使用もしくはTruckConnectドライバを使用し
 オリジナルのアプリケーション開発が可能
・複数の車載プロトコルをサポート
 J1708/J1587、J1939、CAN (ISO15765)、GMLAN、
 J1850GM(Class 2)、ISO9141/KWP2000、
 J2411(GM SWCAN)、ALDL
・J1939 トランスポートプロトコルのハードウェアサポート
・RP1210B, SAE J2534対応ドライバー
・Windows 2000/XP/Vista/7


DPA5は、様々な故障診断ソフトウェアとの使用を可能にする最新のUSB/Bluetoothインターフェースで、OEMソフトウェア毎に設計されたハードウェアインターフェースの必要性を排除した究極のソリューションを提供します。
DPA5 は、粗雑な環境下での使用、製品のアップグレードに柔軟に対応できるよう設計されております。また、DPA製品で使用可能なTruckConnectソフトウェアライブラリが付属されており、独自のソフトウェアの作成も可能です。

TruckConnectソフトウェアライブラリ

TruckConnectプログラミングインターフェースには、RP1210AドライバおよびWindows用C Library APIが
含まれています。INIファイルの変更のみでソフトウェアの再コーディングを行うことなく、DPAプラットフォーム上
で同一のアプリケーションを使用することが可能です。また、ライブラリでは、継続的にメッセージを取り出す
ための専用スレッドの作成を可能にするCALLBACK機能も提供します。

高い信頼性

DPA製品はサービスツールとして、世界中のディーラー、サービスステーションで使用されており、その高い
信頼性が証明されております。その理由として、一時的な電源供給の遮断からのリカバリー機能、使用中の落下、
その他のアクシデントによる衝撃にも耐えられる設計が挙げられます。

優れたハードウェア

PCのリソースの有効活用、より正確な故障診断を可能にするため、ハードウェアによるタイムスタンピング、
およびJ1939トランスポートプロトコルのサポートを提供します。

対応アプリケーション

Allison DOCTM、Bendix® ACOM、Caterpillar® Electronic Technician、Cummins® InsiteTM、
Dana Diagnostic ToolTM、Detroit Diesel Diagnostic LinkTM、Easton ServiceRanger、
International® Diamond Logic Builder、International®InTune、International®Master Diagnostics、
Volvo/Mack VCADS/PTT、Meritor-WABCO Toolbox、ZF-Meritor TransDoft