ホーム > 取り扱いメーカー > アゴステック > CAN, LIN, FlexRay対応解析ソフトウェア Xtm
アゴステック CAN/LIN/FlexRay対応ツール

CAN, LIN, FlexRay対応解析ソフトウェア

CAN, LIN, FlexRay対応解析ソフトウェア Xtm

Xtmは、組み込み型ネットワークノード(ECU)を制御するために使用 するソフトウェアです。ネットワークノードの内部ステートの表示や変更 を可能にします。また、ノード通信の視覚化や解析、必要に応じてシミ ュレーションを行うことが可能です。Xtmを利用することでネットワーク トラフィックの解析、検証を包括的に行うことが可能となります。 対応ネットワークとしてCAN、LIN、FlexRayをサポートし、外部ハード ウェアとの通信のためにPCのシリアルインターフェースやK-Lineを使 用することも可能です。ネットワークの通信の測定に加え、ビデオスト リームの記録、再生を行うことが可能です。その際、ビデオストリーム と測定データの時間同期を取ることが可能です。


特長

・CAN、LIN、FlexRay、K-Lineのハードウェアインターフェースをサポート
・対応ハードウェア:Kvaser CANインターフェース
・ネットワークノードのシミュレーション、データフレームのデコーディング、複雑なネットワークプロトコルを実行するためのスクリプト言語を提供
・メッセージの送受信機能
・アナログシグナルのグラフ表示
・リプレイ機能
・スクリプトプログラム制御のためのパネル画面
・解析を容易にする優れたユーザインターフェース
・必要に応じた機能の選択が可能(モジュール式による製品構成)
 受信のみの機能からアドバンス機能まで柔軟な製品構成

標準モジュール

◆ CAN-Interface Rx (受信のみ)

このモジュールでは、以下の機能を提供します。
・CANインターフェースの設定
・DBC形式のファイルの読み込みと編集
・スクリプトファイルの作成と関連付け
・フィルタリング、平均値の設定制御などの計算を
 行うためのScript-Interpreter
・ 統計画面
  -CANチャンネルのステータスと情報
  -バスロード [%] とレート [1/s]
  -RXエラー
  -11ビット/29ビットID
  -エラーフレーム


◆ CAN-Interface Rx/Tx (送信と受信)

このモジュールでは、以下の機能に加え、メッセージの送信機能を
提供します。
・CANインターフェースの設定
・DBC形式のファイルの読み込みと編集
・スクリプトファイルの作成と関連付け
・フィルタリング、平均値の設定制御などの計算を
 行うためのScript Interpreter
・統計画面
  -CANチャンネルのステータスと情報
  -バスロード [%] とレート [1/s]
  -RXエラー
  -11ビット/29ビットID
  -エラーフレーム


◆ CAN-Trace Window

このモジュールでは、CANメッセージの表示を提供します。
・ID表示(16進または10進数)
・時間表示(絶対時間または相対時間)
・DLC表示
・測定値(Raw valueとPhysical Value)
・CANデータベースへのアクセス
・フィルタリング機能
・ログファイルの生成
  出力形式:ASCII、Binary (mdf)、ASCII (Vector)
・トリガ機能


◆ Graphic-Window

測定データのグラフィック表示を提供します。
・複数のシグナルの同時表示
・Y軸の設定
・X軸の時間調整
・データ評価のためのカーソル機能
・ズーム、スクロール機能


◆ Panel-Window

Panel-Windowは、表示エレメント、コントロールエレメントを
自由にアレンジすることを可能にするウィンドウです。
・ディスクリプションファイルへのアクセス
・タコグラフ、棒グラフなど様々な形式による表示
・グラフやロゴのインポート
・スクリプトにアクセスするプッシュボタン、スライダー
・コントロール機能
・Remaining busシミュレーション


◆ CAN Replay Window

CAN Replay-Windowは、ログファイルの内容を送信することを
可能にします。
・ASCIIまたはバイナリログファイルのインポート
・ファイル時間によるリプレイ
・独自のタイムスタンプによるリプレイ
・ワンショット、エンドレスループリプレイ
・トリガによるリプレイ制御


◆ CAN Send-Window

CAN Send-Windowは、任意のCANメッセージを送信することを
可能にします。
・ネットワークノードの選択
・CANデータの送信
・ディスクリプションファイルからIDの選択
・単一値の出力またはサイクル送信
・スライダーによるシグナル値の変更
・トリガーによる送信制御


オプションモジュール

◆ FlexRay Option
・CAN、LINのパラレルオペレーション
・chiファイルのインポート
・データの送受信
・Remaining busシミュレーション
・データのデコード
・ハードウェア: FlexCardTM cyclone II

◆ CCP-Functions Block
・A2LファイルからECUの値、測定オブジェクトの読み込みを
 可能にするソフトウェアインターフェース
・ポーリングモードによるCCPを介した送信
・A2Lファイルのインポート
・測定値の選択
・A2Lデータからメモリページの表示
・サンプルレートの選択
・CANチャンネルの割り当て
・複数の診断ブロックのパラレルオペレーション

◆ LIN Option
・LINインターフェースの設定
・LDF形式のディスクリプションファイルのインポート
・マスタ/スレーブの割り当て


ソフトウェアパッケージ

使用目的やアプリケーションに適したXtmの製品構成を提供するため、いくつかの標準的なソフトウェアモジュールを組み合わせたパッケージにより提供いたします。 その他の組み合わせにつきましてはお問い合わせください。

製品 CAN-Interface Rx CAN-Interface Rx/Tx CAN Trace-Window CAN Replay-Window CAN Send-Window Graphic-Window Panel-Editor
Light
×
 
×
       
CAN Bus Monitor & Measurement
×
 
×
   
×
×
Basic  
×
×
       
Basic_P1  
×
×
   
×
 
Basic_P2  
×
×
 
×
   
Basic_P3  
×
×
×
     
Basic_P4  
×
×
     
×
Basic_P5  
×
×
   
×
×
Advanced  
×
×
×
×
×
 
Professional  
×
×
×
×
×
×

オプション
CCP-Interface
A2Lファイルの読み込み、CCPによる測定
(CAN interface RX/TXモジュールとの組み合わせのみ)
LIN-Interface
LIN通信のためのソフトウェアインターフェース
(CAN interface RX/TXモジュールとの組み合わせのみ)
FlexRay
FlexRay通信のためのソフトウェアオプション

Xtmは、CAN、LINのハードウェアインターフェースとの組み合わせで使用することが可能です。これらのインターフェースの選択にしたがって、様々なソフトウェアパッケージを提供することが可能です。